楽しい栄養学24

おはようございます。糖質オフスタイル協会の高森です。

栄養情報担当で管理栄養士の橋本さんから、情報が届きました。

血液検査などで項目にある、「コレステロールの種類」について

コレステロールには大きく2つの種類があります。

LDLコレステロールは肝臓からコレステロールを全身の臓器に送り届ける「運搬役」で、生きていく上では必要なものですが、増えすぎると動脈硬化をおこすことから、LDLコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれています。

一方、血管などにたまった余分なコレステロールを肝臓に戻して排泄される「掃除役」がHDLコレステロールで、善玉コレステロールと呼ばれています。

通常、「コレステロールが高い」という場合、LDLコレステロールが高いことを指します。